1. HOME > 
  2. ご家族と暮らしを守る蓄電池

ご家族と暮らしを守る蓄電池

  • 地震だけでなく台風・強風でも
    発生する「停電」

2019年9月に発生した千葉県の大規模停電など、自然災害による停電が相次いでいます。
停電といえば地震のイメージでしたが、近年は大型台風や竜巻の強風による停電も頻発しています。より身近なリスクとなった停電の対策は万全ですか?

近年発生した大規模停電一覧
2015年3月2日 長野県北信・東信・中信地区(送電線のショート) 38万世帯
2016年10月12日 東京都全域(変電施設火災) 58万世帯
2017年8月23日 大阪府吹田市(ケーブル劣化と人為的な施工ミス) 3万4000戸
2018年9月4日 近畿6府県(台風21号) のべ約200万戸
2018年9月6日 北海道全域(北海道胆振東部地震) 295万戸
2018年9月30日 静岡県、神奈川県など1都2府15県(台風24号) のべ254万戸
2018年9月30日 静岡県、神奈川県など1都2府15県(台風24号) 2019年9月9日
  • 今後も上がり続けると予測される
    「電気料金」

火力発電用の燃料高騰や、原子力発電所の廃炉費用などが各家庭の電気料金に転嫁されるなど、電力供給の不安とともに、家計への負担はさらに増すと予想されています。

今、蓄電池の設置を
おすすめする理由

  • 停電しても蓄電池があれば、自宅での生活再開の目処がたちやすく
    わが家で安心して過ごせます!

  • 停電して明かりが点かなくなると、足元が見えないだけでパニックに陥ることも。安全・安心な生活は電気があって成り立っていることに改めて気づかされます。建物自体に被害がなかったとしても、電気が使えないと避難所で過ごさなければならず、復旧するまで不安が尽きません。
    しかし、2016年に起きた熊本地震の際、蓄電池を設置していたあるご家庭では、日中に貯めた電気のおかげで、自宅で家族と共に過ごすことができました。節電しながらも生活に支障がない電気は十分確保されていたようです。

不安な日々も、蓄電池がもたらす電気で「安心感」が得られます

  • 地震による停電時に、太陽光と蓄電池を設置されていた方にお話を伺いました。


    N様
    「夜も電気スタンドの明かりを灯すことができ、最低限の電気が使え助かりました。」
    「テレビで災害情報を収集したり、スマートフォンの充電ができたり、電気のありがたさを痛感しました。」

    H様

    H様
    「冷蔵庫の食品が腐らず、何も捨てずに済み、たいへん助かりました。」
    「安否確認、避難場所の確認や災害情報など、メールや電話が使えたことで家族や知り合いと連絡を取ることができました。電気があるかないかで安心感がまったく違いました。」

    M様
  • 売電のメリットが少なくなる時代が到来!
    これからは、作った電気は「売る」より「使う」が
    賢い選択になります。

  • 売電単価の減額や電気料金の値上げ、再生賦課金の負担増など、売電のメリットが少なくなる時代がやってきました。これからは、太陽光発電で作った電気は「売る」より「使う」ほうがお得です。そこで注目したいのが蓄電池。蓄電池は停電時だけに役立つものと思われがちですが、じつは、毎日の生活にも活躍してくれるもの。太陽光で作った電気を蓄電池に貯めておけば、その貯めた電気で家電製品を使うことができます。

卒FITしたら売電メリットは激減…蓄電池で備えましょう!

これまでのFIT制度では「余った電気は売る」方が断然お得だったため、卒FITを迎えて、その売電メリットが激減することに少なからずショックを受ける方も多いはず。卒FITしたら、太陽光で作った電気は「売る」から「使う」へ意識転換して、蓄電池に貯めて賢く使っていくのがおすすめです。

— FIT買取期間が終わるとどうなる? —

  • 今までは(2009年当時)

    太陽光で創った電気は

    たくさん「売る」ほうがよかった。

  • これからは(FIT終了後2019年〜)

    太陽光で創った電気はできるだけ売らずに

    「自家消費」したほうがよい。

    ※大手電力会社への売電単価
    積水ハウスのオーナー様なら、
    11円/kWhで売電できます。
    詳細はこちら

これからは、太陽光発電の余剰電力は売電するより
「家庭の電気」として使用するほうがメリットが大きい!
  • 卒FITの方はお見逃しなく!
    「太陽光のパワコン交換時」は蓄電池導入のベストタイミングです!

  • 卒FITを迎える時期以外で、蓄電池導入をおすすめしたいタイミングはずばり、「太陽光発電システムのパワーコンディショナ(以下パワコン)のメンテナンス時期を迎える前」。その理由は、太陽光のパワコン交換時に蓄電池をつければ、太陽光と蓄電池一体型のハイブリッドパワコンを採用できるからです。

パワコン1台に「太陽光」と「蓄電池」を任せられるメリット

  • 「太陽光」と「蓄電池」のパワコンが

  • 別々だと…

    設置スペースも交換費も

    メンテナンス費もすべて2台分必要…

  • 一台にまとめられると…

    設置スペースも交換費も

    メンテナンスも1台分でOK!

自治体によっては補助金制度を利用できる場合も!

蓄電池システムの導入にあたり、補助金制度を利用することができる場合があります。補助金制度にはいくつかの種類があり、金額や条件はお住いの自治体によって異なります。詳しくは、各自治体のホームページなどをご参照ください。

積水ハウスの蓄電池は
「もしものとき」にも「いつもの日々」にも大活躍!
安全・安心な施工でお届けします!

蓄電池の設置には、
積水ハウス純正リフォーム工事をおすすめしています。

積水ハウスがご提案する蓄電池は、「もしものとき」の必要十分な電気量を確保するとともに、「いつもの日々」の暮らしにおけるスマートな電気使用にも役立つもの。「もしものとき」も「いつもの日々」もご家族の暮らしを守る蓄電池であるために、施工も安全・安心に。オーナー様の住まい情報を把握した私たち積水ハウスにお任せください。

ここが安心! ここが便利! 積水ハウスの蓄電池

  • 「もしものとき」の頼れる機能

    いくら蓄電池があっても、停電時に電気が貯まっていないと意味がありません。積水ハウスの蓄電池は、災害や警報が出たら、自動制御で停電に備え、蓄電池の充電を始めます!

  • 「いつもの日々」の賢い機能

    天気予報と連携して自動的に充放電をコントロール!たとえば日中の発電が期待できないときは前日夜間に蓄電池を充電しておくことで、昼間の割高な電力の購入を抑えることができます。

さらに詳しい内容を、蓄電池製造元のシャープ(株)の動画でご覧いただけます。

シャープ(株)
YOUTUBE公式チャンネル

卒FIT対策はこれ!つくった電気はシャープで賢く使おう!

蓄電池についてのお問い合わせはお近くの事業所まで

お問い合わせ先一覧